隣のサラリーマンの年収はいくら?

親しい人でも相手の年収を聞くことって無いですよね?
欧米ではそんなことは無いという話を聞いたこともあるのですが、日本人の場合はなかなか他人の年収を聞く機会って無いものです。


仕事は、お金だけじゃなくやり甲斐や使命感なども大事な要素です。ただ、食べていけない収入っていうのも困りものですから、これは最低限のバランスが必要ですね。この「年収2000万円の法則」では、年収が2000万円を超えている人を実際にインタビューして、実話・体験談の中から年収アップにつながる 秘訣を掘り起こしていっているわけですが、今回はちょっと趣向を変えて、他人のリアルな年収にスポットを当てて、そこから見えてくる実情などを掘り下げて みたいと思います。
ちなみ今回は、男性のみのデータを参考にしています★
※国税庁発表の民間給与実態統計調査(平成22年分)参照


年収分布グラフ

【年収200万円〜500万円の間に全体の半分が!】
年収分布を100万円単位で、まとめると一番多いゾーンは以下となる。

200万円超 300万円以下...13.6%
300万円超 400万円以下...19.5%
400万円超 500万円以下...18.0%
この3つの年収帯を合計すると 51.1%
実に、全体の半分はこのゾーンに入ってくる。

独身または、既婚でも共稼ぎでなければ、なかなか400万円以下は苦しい懐事情となってしまうだろう。 一般的に、贅沢しなければ不足が無く暮らせる範囲は、500万円超で600万円以下のゾーンかと思われるが、500万円超 600万円以下...12.7% と、約8人に1人はここに当てはまる。

いわゆる中流っぽいゾーンを400万円〜600万円の範囲と仮定すると、合計 30.7%
約3人に1人は中流階層といえる。

これ以上の年収の分布を以下にまとめてみると

600万円超 700万円以下...8.2%
700万円超 800万円以下...5.9%
800万円超 900万円以下...3.8%
900万円超 1,000万円以下...2.5%
1,000万円超 2,000万円以下...5.3%
2,000万円超...0.6%

600万円以上の合計が 26.3%
約4人に1人も居るというのは結構高確率ではないだろうか?

まず、裕福といってもいい1000万円以上の合計は、6.9%

約14人に1人は、年収1000万円以上ということになる!これはパチンコで勝つ確率より、宝くじの高額当選の確率より、はるかに高い数字だといえる。

100人に1人ならハードルは高いかもしれないが、14人に1人である。 今、あなたの居るゾーンがどこかは分からないが、あと少しだけ手を伸ばせば、年収1000万円以上は手の届くところにあるのだ。 そのあと少し手を伸ばすためのヒントを、過去の連載とこれからの連載でもちりばめて、成功者のインタビューを行っていきたいと思う。

もう一度だけ・・・
14人に1人は、決して高いハードルではないはずだ!


■監修:ファイブネット コンサルティング

中小企業、個人事業主向けに税務コンサルティングを展開するファイブネットコンサルティング。税理士や社労士など各分野の専門家と提携し、クライアントごとにそれぞれの業態や事業規模などに適したキャッシュフロー改善の税務コンサルティングを行っている。

法人オーナー向けの節税(外部リンク)
個人事業主向け、国民健康保険減額事例ノウハウ集(外部リンク)
ファイブネットコンサルティングのフェイスブックでは、税務ノウハウや集客ノウハウなどをウォールに投稿しています。(外部リンク)

Gトピックフォト

広告スペース

アイドル写真館

コードGパートナーメディア

  • コンバットアームズ
  • カーピカネット
  • ミアグループ

神の味噌汁

医者が教える、知らないと怖い50の真実