竹原慎二のボコボコ相談室


死ぬのが怖いです。心が折れそうになります。

研究職:あきら(30歳)
研究職
あきら(30歳)

こんにちは。私も竹原さんと同じように、がんの告知を受けて、闘病生活を送っています。私の場合は胃癌で、手術は成功したのですが、手術前の予想よりも癌が進行しており、抗がん剤治療を行っております。私には授かったばかりの小さな息子がおり、彼のために今死ぬわけにはいきません。また、最近転職した会社では希望の職種に就くことができ、夢と目標に向かって走り出したばかりです。家庭でも仕事でも充実した毎日を送っており、人生の楽しさを謳歌している真っ只中ですが、抗がん剤の副作用が予想以上にキツいときがあり、一思いに殺してくれと弱気になってしまうことがあります。私は幼少の頃からラグビーをしていますが、スポーツとは全く異なる辛さに、心が折れそうになってしまうのです。先日は腫瘍マーカーが上がってきていると言われ、夜眠れなくなってしまいました。是非、癌をボコボコにした竹原さんから、弱気になってしまう自分に喝を頂きたいです。

泣けばいいんじゃ

竹原慎二

人間は死ぬのが宿命なんじゃ。
わしも怖いわ。
いつもビクビクしとるわ。
どうせ死ぬなら今日1日何事も楽しく一生懸命過ごした方が得じゃ。

癌を治せる医者はおらん。治すのは自分じゃ。
いっぱい笑って免疫力上げて癌細胞をやっつけろや。

とは言っても抗がん剤も辛いだろう
怖いだろう
泣きたい時はめちゃくちゃ泣け、
それも免疫力アップになるんじゃ。


フィニッシュブロー

フィニッシュブロー

負けんじゃねーぞ

 

悩めるあなたからの相談はこちらから!

(原則として氏名等の個人情報は公開しませんので、ご安心ください)

«前号 目上の上司を尊敬しない若い世代を見ていると、日本の将来が嘆かわしくて仕方がありません

上司がFACEBOOKで友達になってくれません 次号»

Gトピックフォト

広告スペース

アイドル写真館

コードGパートナーメディア

  • コンバットアームズ
  • カーピカネット
  • ミアグループ

神の味噌汁

医者が教える、知らないと怖い50の真実