「医者の言うことは聞いておけ」by Dr.ホッピー


夏の怠け者と熱中症

患者の話を一つ。
「センセイ、ワタシ熱中症・・・カモ」
「ワタシ、カラダダルイ・・・、熱中症デスカ???」


Dr.ホッピー

いやこれ、実際に熱中症で来院する患者はどれくらいいるのか?という話なのじゃが、この数年、しっかりちゃっかり増えております。老若男女年齢問わず。で、実際に来院する大半の連中は、あつい、からだがだるい、なんだかフラフラする・・・私、熱中症じゃないですか?ってくるわけ。もうね、電気は節約するけど医療費はバンバン浪費します!と言わんばかりに、小者のドアホウがわんさかと爆釣。夏怠け者がいっぱいいるのよ。今日もさ、「先生、ちょっと体がだるくって・・・、熱中症が心配なんできました。なんかクスリありますか?」だと。俺は熱中症でクスリだせと言ってくるおめーの頭が心配だよ。

しかし、中には頭の弱いだけの気の毒な連中もいて、お約束のパターンはどいつもこいつもみんなTV見てドキドキしてくるんだよね。そんなかれらにいいたいのは、偏向メディアみてドキドキできるんだったら、明日は我が身と真剣に考えて情報に接してみなさいといいたい。


暑くて体がダルイ、なんだかフラフラする…って受診するならまだしも、ダルくてノド痛くって…私、熱中症でしょうか? なんてのは、アンタらね、暑いときにナニかの症状が出たら熱中症なンですか?! フツーはカゼって言うんじゃね〜の?

ワタシはそんな病気にならないから…と思っている人がほとんどじゃろう。すなわち病気への興味は湧いていないわけだ。だから病気を知ろうとしない。それはそれで文句をいうことではない。しかし医者を含めてメディアも「熱中症に気を付けて」と選挙カーの如く連呼しているわりには、熱中症の症状ってナニ? に、ほとんどの国民は明確に答えられないはず。どうして答えられない? 答えられなきゃ予防できるワケがないだろ!違うか?

時間の赴くままに読んでいれば色々な情報を知ることができる“新聞”の読者が減っているそうだ。すなわち興味がないコトであってもそれを知識として持っている人が減っているということ。逆に興味があることはネットを使えば深く知ることができる。残念ながら今はそんな時代。読者減少の煽りで挙句の果てには新聞までが一面のグル…とかヒア…とかの100%効きもしない“関節技で金儲け”の広告料で生命線を維持している。

古いおつきあいの読者には「またかよ」でしょうがシツコク叫びたい。午後のクソ暑くにエアコン使って電気の需要が最高の時に「節電節電」と騒ぎ散らしながら、くだらないしかも各局同じゴシップ記事の垂れ流し。同じモノを流すならサ、

「本日は全国統一番組をお送りします。同一時刻同一番組で、どのチャンネルも同じ番組でぇす」「きょうのテーマは…熱中症です」「視聴者の皆様ぁ、ワタシはダイジョウーブ、と思っていませんかぁ? 意外とアナタ、安心できませんかもォ〜〜」「では熱中症をお勉強しましょう。ゲストは○×大学救命救急センターのポニョ先生…」ってな具合でできんのかい!! 

テレビなくして生きられない日本人じゃけんの、同一番組すりゃぁ国民の半分は嫌でもその番組を見ざるを得なくて、結果、病気を知ることができる。すなわち病気の予防につながる。医療費もかからなくなる。すべて万々歳。どうしてできないの? スポンサーは製薬メーカー。社訓に“国民の健康の為”って書かれているじゃろ? こういうトコロで社訓どおりにアクションしなくっちゃ。金、出しましょう。

メディアも製薬メーカーも厚労省も医師会も学会も、夏が暑いって怠けてんじゃねーぞ!


どんな人が重症化するのか?

まず言っておきたいのは、熱中症の特効薬はありません。

では、治療はどうするか? 例えば真夏のゴルフ後のこむら返りは熱中症として良いが、重症度分類では“軽症”である。軽症の治療は“涼しい環境での十分な水分と塩分の経口摂取で良い”である。さて、ポカリの塩分リッチ版で熱中症対策に最適とされ、しかしもう少し安くして欲しいモノに“OS-1”がある。診療所の入り口の自販機に“OS-1”を組み入れて、実際に軽症の熱中症と診断した患者さんに、「外のオーエス、自分で買って待合で飲んで帰って」ってやっている先生もいる。だってオーエスに相当する経口医薬品がないんだから適切な治療方針だわな。医療費もかからないンだから極めて優れた治療法じゃわい。


ホッピー提灯

熱中症のこむら返りがきつくて救急搬送されたとしてもソレは軽症。オーエスで良いのだが救急車呼ぶくらい痛えンだから、毎日熱中症で何人死亡と流されりゃ「オイラもアブねぇ?」とお思いの人には、オーエスだけじゃ「オレを殺す気か!ヤブ医者!」と点滴要求必至なわけで、つまりな、医療費高騰を重症化させているのはアンタだちゅうとコトよ。

さて、どんな人が熱中症で重症化しやすいのか?

ジジババです。何故、ジジババは重症化しやすいのか。オイラぁ27年医者やっていろんなジジババと出会った。在宅診療もやっておるから“日常でのジジババの思い”も知っている。コメント教授は診察室でのジジババしか知らない。日常のジジババから、どうして熱中症になりやすいか解説してみよう。


長く生きて来られたんだからこのくらいの暑さにやられるわけがない、と思っている。
実際の気象統計上では昔よりムシ暑くなっていることを知らないからな。
エアコンばかりか扇風機の直風は体に悪いと信じ込んでいる。
確かに過去に扇風機で翌朝死んでいた人はいましたが、直接、持続して体に当てて一晩寝ていた人で、すなわち扇風機の使い方を誤っただけ。微調整できなかった昔は、暑いなと設定を変えると極端に寒くなったりして体が冷えすぎ“冷房病”を患っただけ。エアコンの調節機能は10年も前から秀逸である。
③ 口渇を感じない。
おしっこの色が濃縮する状態(脱水を示す兆候)であっても水を飲もうとする気が起きない。つまり、加齢により水分調節という生命維持のための体の反応が鈍くなっている。
④ 暑さを感じない。
真夏のあの午後のジットリとした外気の風を「冷たい」と言ってタオルケットを胸まででかけているジジババがいるくらい。
⑤ もともと徐々に枯れている。
医学的な表現をすると、ジジババは細胞外液も細胞内液も“ドライな状態”のバランスが保たれている状態でなんとか平素に生きている。つまりもともと枯れ気味なのだ。元気だったジジババが入院するとムクミが出ちゃって「あゝ、ばっちゃん病気なんだ」、なんて実は一日2本の点滴(500ml×2)が漏れ出してムクミの原因だったりする。逆に、高温多湿環境に居て、元々の“ギリギリのバランス”を脱水させたらどうなるか。容易に体が崩れまくるだろうことは理解できよう。


ノドは乾いておらん、暑さを感じてもこのくらいのモンで暑いなんて言ってたらガタルカナルで戦死した戦友に申し訳ない、エアコン・扇風機は体に良くないんじゃ、と感じているジジババに、「その考えは誤りですから涼しいトコロで水分を意識的に摂って」で偶然にでも肺炎にでもなろうものなら、「その考えが誤りでエアコンを使え」と言ったアンタらのせい、英霊のお怒りじゃ!といわれるからか? いやいや、ホントはオイラが言ったような“なぜ、ジジババが死にやすいか”を発信できないんじゃ。なぜならコメンテーターは大病院の診察室だけで年配を診ているだけだから「熱中症予防のために、高齢者の特徴を知って熱中症を予防しましょう」と発信できないんだ。

逆に毎日ジジババが死んで「何人死んだ」と発信する。その発信で国民は熱中症は死ぬ病気と認識され、不要の点滴の要求は医療費をつり上げる。意識・認識・発信の空回りだわな。


Gトピックフォト

広告スペース

アイドル写真館

コードGパートナーメディア

  • コンバットアームズ
  • カーピカネット
  • ミアグループ

神の味噌汁

医者が教える、知らないと怖い50の真実