「医者の言うことは聞いておけ」by Dr.ホッピー


今の研修医制度ではiPS細胞の発明はなかった?

ブラックジャックによろしく

医師ならば誰もが通過する2年間の研修医時代。心身共に磨きをかけねばならない貴重な、そして以前は「劣悪かつ人間性を無視した」と評されたように、安月給でこき使われた時期でもある。そんな時代の医師の葛藤をまとめた佐藤秀峰のマンガ、「ブラックジャックによろしく1~13」がiPadなどアプリで版権フリーとして無料公開されているそうで、先日ハリスに是非とも読んどくようにと言われたンじゃが、とりあえずハリスのiPadで数巻ななめ読みしてみた。


ブラックジャックによろしく 漫画 on web http://mangaonweb.com/

このマンガの主人公は研修医。舞台は一昔前の研修医制度の時代。オイラの若かりし頃の時代そのものじゃ。研修医の仕事、生活環境は概ねマンガにあるとおりと思ってくれて良い。肉体的精神的に慢性過労状態のボロ雑巾状態に支払われる給料が作品では3万となっておる。間違いはありません。そして、研修医の過労死問題や自殺死などの問題から(このマンガを読んでいた?)一部の国会議員が騒ぎ出し、「こんな劣悪かつ人間性を無視した環境で研修させてはならん!」と、専門バカ医の増加対策を含めて研修医制度の見直しを行った。結果、施設によって若干の差はあるが、研修医の待遇・取り扱いは次のように改められた。
(1) 4週6休
(2) 9:00〜17:00勤務 ※当直明けは午前までの就業
(3) 上記(1)(2)以外の就業は本人の希望なくして強制してはならない
(4) 内科系・外科系の専門診療科を3〜4ヶ月でローテーションし幅広く知識を研修
(5) 研修医は厚生労働省から各施設に預けられているという立場である
(6) 他の病院での日勤・当直の禁止※バイトの禁止
→研修期間終了までの月給は約30万円を保障(国から支給)
となっておる。どうじゃ、「ブラックジャックによろしく」を読んだ人ならばわかると思うが、随分と手厚くなっとるじゃろ。

マンガとリンクするオイラの研修医時代の実情は…? オイラの医局は、朝7時から夜11時までの勤務が当然という考え(方針)を持った医局長の時期はセブンイレブンといわれていた。


Dr.ホッピー

主訴から導かれる問診の仕方、所見の取り方、入院経過に沿う的確な治療、それは薬の使い方とかなどを含めて、そして患者さん個人への接し方など、そういった実地医療から身に付けていくものなどを“臨床”っていうが、国家試験受かったからって実地をしていないから何も身についていない。研修医の臨床ってのは実地医療を踏まえながら文献を探して読んだりしなくては学べないものが多い。にもかかわらず、担当患者さんの検査・治療への付き添いやら、「ホッピー、○□持って来―い」と突然の雑用の依頼があったり、教授の外来の陪席やら、勤務時間中に行わなければならない研修医の仕事をこなすと、その時間内ではじっくり勉強できる時間など存在しない。ならば日勤滞の前後の時間をそれに当てるしかないわな。


さらに、担当に重症患者がいたり仕事が重なれば日付け変更ばかりか病院連泊なんてのは当たり前。つまり評価の対象にならないから給料に全く反映されず…っていうか3万円ポッキリ。国から10万円支給されていたはずなのだが“研修させてやってんだから”と研修施設が7万ピンハネしとったようじゃの。でもさ、あの当時の一般の会社の平均的初任給は15万円くらいだったと記憶しているが、少なくとも医者っていう職業に就いたんだからさ、3万円ってぇのはね〜〜。これってまさしく「劣悪かつ人間性を無視した」環境??

しかしオイラ、いや同期の研修医ドモはそんな生活を「劣悪かつ人間性を無視した」と感じていなかった。というのは、先に言ったように「ちゃんと研修医するとセブンイレブンになっちまうのは必然」と思っていたから。指導医が適度に介入してきたコトもそう思わせたかもしれない。例えば、「見ておけよ〜こうやってやるんだ…」っとド〜ンとか、全てをあえて教えずに「これを調べておきなさい」とか、「コレは危険だからやっちゃダメ」とか、ほったらかしにされていなかった。「カルテ、俺も少し手伝って終らせているから飲み行こーぜ」の飲酒的指導が比較的多かったこともある。この辺がマンガとオイラん所との違いか?


iPS細胞はつらい研修医制度が育んだ?

今夜のお食事

いまの研修医の籍は、医局ばかりか指導施設にもなく、厚労省にある。すなわちオイラ達は研修医をお預かりしているという立場。昔から研修医への直接的な指導医ってのは医局内で数人いて、中に鬼軍曹と呼ばれる指導医も各医局に1〜2人は居た。超体育会系…。自ら体力の限界に挑戦するかの様に診療して勉強して研究して…。頼もしい〜!! 、がその超体育会系スタイルで研修医を自分ができたんだからコイツもできるはずだ、と指導する。

昔の研修医は医局のモノ、いや財産なので好きに扱え、いや、指導できた。ディスカッション中に研修医に激怒してカルテを投げつける、オペ中のもたつきに対し足を蹴るなんてのは軽い方で、メスが飛んできたなんてのは言い伝えられている現実の医療現場なんだが、こういう風に好きに扱え、いや指導できる環境は一見パワハラっぽいが、これはこれで悪くはないこともあると思う。

iPS細胞の開発でノーベル賞に輝いた山中教授。ヤフーニュースで見た記事には、氏は研修医時代に手術が苦手で、指導医から「ジャマナカ」というあだ名で呼ばれていたといことは有名。現在ならソレを研修医が厚労省にパワハラとして報告すれば指導施設と指導医側は指導をうける事象であるが、「ジャマかあ、俺ってセンスないんだ」と自覚させられた氏は、研究によってより多くの人々を救う方向へ医学の舵を切ったらしいのだ。その結果、ノーベル賞を受賞。

パワハラだらけの「劣悪かつ人間性を無視した」研修医制度があってのノーベル賞…とは言はないが、責任を持ってハッキリ言えるコトができたのが「ブラックジャックによろしく」の時代だったんじゃないかな。


Gトピックフォト

広告スペース

アイドル写真館

コードGパートナーメディア

  • コンバットアームズ
  • カーピカネット
  • ミアグループ

神の味噌汁

医者が教える、知らないと怖い50の真実