「医者の言うことは聞いておけ」by Dr.ホッピー


春が台無し、PM2.5×花粉×放射性物質

やっほ〜、みなさんお元気?とのんきに言ってる場合ではない。東京都健康安全研究センターが公表している「花粉濃度マップ」が大変なことになっている。
昨シーズンの全花粉量相当の花粉が3月9日からの数日に固まって飛散するらしい。フクシマの放射性物質、中国からのPM2.5に黄砂、今年の春はマスクなしで出歩くのは危険だ。


Dr.ホッピー

ところでマスクどんなものをつかっていますか。
細かい微粒子が体内に入るのを防ぐことが目的だけに、花粉やPM2.5などの防御対象物をしっかり遮断できる「N95」という規格のマスクを使うことをお勧めする。
この規格はアメリカの労働安全衛生研究所が定めた基準で、もともと製造現場等で粉塵を防ぐためのマスクの機能を数字化したものだ。試験粒子0.3μmの微粒子を95%以上捕集できることを意味していて、この数字での能力は微細な粒子だけでなく、病原体(ウイルス)に対してウイルスの通過をほぼ100%阻止できる。
「N95」規格のマスクであれば2.5㎛のPM2.5だけでなく、インフルエンザウイルスをも通過阻止ができるのだ。アナタのマスクは95?


長引く咳にご用心

今夜のお食事

話は変わるが、おいらたち医者は、皆さんの生命を守る為に常に最悪の状況(病気)を想定して診察をしています。その際、次のような医者と患者のすれ違いがしばしば発生してしまう。

「センセイ、風邪ひいたみたいなんですが咳が止まりません。薬下さい。」
「咳はいつから?」
「1ヶ月前くらい前からです。」
「え!それならとりあえずレントゲンとりましょか。」
「え!風邪薬と咳止めだけでいいです。」


ここでおさらいじゃが、“風邪”の医学的定義は
・ジクジク性の上気道炎
・喉、鼻、咳などの軽度の症状で4〜5日、長くて一週間で自然に治る
・症状が強くなければ投薬の必要性はない
である。然るに1週間以上の咳はもはや風邪にあらずと考えるべきで、医学書の全てに3週間以上の咳嗽へは胸部レントゲンを撮れ、と書かれているのだ。

したがって、このような問診に出会うと、おいらたちの予測レーダーは「やっべー!」っと、びんびんに反応してしまう。
実際、現在闘病中の癌や結核を患ってしまった患者さんの診断のきっかけは、ちゃんとしたレーダーを持っている医師たちが行う問診の結果、診察上の常識に則った「レントゲン撮りましょう」なんのだよ。

どうじゃ、ちょっとしたトリビアじゃろう。長引く咳はご用心なのだ。
ん!?咳の症状や出方を診て癌や結核の診断ができないのかって?


スルドイご意見じゃが、そのとおり、できましぇん。重病である癌や結核ですらわからないのだ。ということで咳の症状を診断するのはとても難しいのだ。
ちょくちょく問診で聞く「深い咳」とか「軽い咳」というのも同様。それだけでは何も判断できない。NO11にも書いたが、だからシツコイ問診を行うのだよ。


Gトピックフォト

広告スペース

アイドル写真館

コードGパートナーメディア

  • コンバットアームズ
  • カーピカネット
  • ミアグループ

神の味噌汁

医者が教える、知らないと怖い50の真実