「医者の言うことは聞いておけ」by Dr.ホッピー


"ノドノカゼ"がまかり通るニッポン人

以前に「ストレス性胃炎に効くクスリなどない!」と指南した。今回も同じノリになっちまうかもしれんが、日本全国津々浦々毎日くりかえされているであろう極ありふれた診察室の情景から話を始めよう。

医者:こんにちは。今日はどうされました?
患者:う〜ん、2週間前からカゼで…………。(注1)

医者:どんな症状ですか?
患者:長引く咳カゼなんです。(注2)

医者:おつらいんですね?
患者:いや、咳は1週間くらいで治ってきて、咳出ているころからノドが痛くなって、治りかけに風邪がお腹に来て、今日は下痢が止まらないんです。(注3)

医者:では、今日は下痢でいらしたんですね?
患者:はい。


医者:orz...


Dr.ホッピー


ざっとこんな具合ってか? では(注)の医者の本音を覗いてみよう。

注1. カゼで、じゃわかんね〜よ。次どこがどのよのように具合が悪いの?例によってカゼひいたからカゼ薬よこせってか?俺たちゃドラッグストアの店員かよ。そもそもアンタ等カゼってどういうモンなのか知っているのか?
カゼの医学的定義を誤解している被害者なんだろーな。とにかく症状を言えよ、症〜状〜を。

注2.あのな、咳カゼっていうアンタが付けた病名を聞いてんじゃね〜よっ!
「咳がでます」って言えばいーじゃねーか。

注3. え、咳じゃねーの?むぅ溶連菌に感染したか?何じゃそりゃ…あのね、最初に今日はどうされました、って聞いただろ?最初っから「下痢」ですっていやぁいいんだよ。


さて、平常心のまま診察させてもらって「お大事に〜」を言う前に、「ネエネエ、僕らのクスリで鼻から来るカゼのためのクスリとか、冷たい雨にあたってひいたカゼのクスリとかあると思う?」とか「ノド風邪がお腹にきたんだね、って納得できる?」って尋ねるとほとんどの患者さんは「ハイ…」と答える。読者らもそうなんじゃね〜の? 

では、一方の“患者さんを診る”医者はどういう教育を受けているのか?世界中で教えられている医療の基本をおおしえしよう。それは、

医療は患者さんの主訴の聴取から始まりそれが診療上最も重要である。
ということだ。

主訴とは、患者が医者に申し立てる最も強い症状のこと。主訴の聴取が最も大事と教育されているンだから医者は最初に主訴を聞きたいのだ。
つまり、今日はどうされましたか?
に対して「下痢が…」の流れを医者は要求しているのである。にもかかわらず現実は経験してきた症状の羅列から患者の訴えが始まる。う〜ん、さぞ辛かったのかもしれん。病気と健気に戦ってきた私の努力を聞いて下さいって気持ちもわからんではない。でもな、下手をするとそれは早合点で誤診の種になるやもしれん。先ずは今の症状じゃ。その上で経緯。


今夜のお食事


それからな、世界中の医学書には“鼻から来るカゼ”の項など存在しない。すなわちそんな症状へのクスリなどこの世にない。まぁこれはマスゴミと製薬会社、分かっていながら何も言わない医師会と学会に問題あるから仕方ないけど、それにしても間違った情報が浸透しすぎじゃ。

たとえば、鼻からくるカゼに〜のCM。先に言ったようにそんな経過に合わせたクスリなどオイラ達の業界には存在しない。
さらに腰痛・肩こり・眼の疲れにアリナミンだとぉ!?ビタミンにそれらの改善作用など全くない。にもかかわらず有効性を謳ってCM。
エレキバン?10年くらい前に米国の整形外科学会において磁場の血流改善作用が100%否定されてからCMされなくなったよな。しかし全国の薬局では今も売っている。そして肩こりのヒトは買っている。おいおい、みんな騙されてるぞ。

そもそも国民の医学知識がメディア優先となっていることが問題なんだ。あいつらは面白おかしく番組を作ることが最優先。そして金。出来上がったキャッチーなTV番組は耳触りよく覚えやすい「ハナカラクルカゼ・ノドノカゼ・オナカノカゼ」でスポンサーも大喜びなんだろうけれど。それってまさに国民すべてを出刃亀的B層扱いってことだよな。

おいらは思うのだ、世間様を欺いてまで金儲けに走るのはいかんと。ましてや医療の分野においては人の命がかかっているのだ。頼むから正しい情報を国民のすべてに伝えてくれい。


Gトピックフォト

広告スペース

アイドル写真館

コードGパートナーメディア

  • コンバットアームズ
  • カーピカネット
  • ミアグループ

神の味噌汁

医者が教える、知らないと怖い50の真実